Loading

BLOG

伝える言葉

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-01-OOK75_prezensurudansei20131223500-thumb-1000xauto-4096こんにちは。マーケティングの坂田です。

今回は私が気を付けていることのお話を。

私は異なる業界を転職して個人・法人両方を相手に仕事をしてきました。

業界・相手が異なっても気をつけてきたのが、相手と会話をする際に専門用語を多用しないことです。

同業の方と話す時は問題無いかもしれません。

しかし異なる業種・職種の方との対応ではどうでしょうか。

ウェブコンサルタント時代にも、お客様との打ち合わせにやたらカタカナ語を多用する同僚がいましたが、お客様が置いてけぼりになるケースが散見されました。

相手がわかる言葉で伝える。簡単なようで難しいことだと思います。

特に営業をやられている方は気をつけていらっしゃるのではないでしょうか。

そうゆう私も日常使用している言葉を無意識に外で使ってしまうケース多く…

日頃の癖というのは抜けないので日々気を付けています。

この意識を忘れず、マンションマーケットはお客様に分かり易いサービス作りを意識していきます。

ネットで不動産の契約ができる時代になる?

不動産情報ストックシステムの試験運用が開始

関連記事

  1. 嬉しいお客様の声

    2016.05.08
  2. 資産としての不動産

    2016.04.27
  3. 「Airbnb」を使ってみた(後半/チェックイン~宿泊時のこと)

    2015.06.17
  4. 豊洲の朝は、ココ!

    2016.04.30
  5. S?WIC?SIC?この言葉の意味、わかりますか?

    2016.05.17
  6. 今月五回目のシャッフルランチ

    2019.02.26
PAGE TOP