Loading

BLOG

『マンションマーケット』との出逢い

はじめまして。

この度は、弊社マンションマーケットのブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

2018年11月よりマンションマーケットの仲間入りを致しました禰寝 明佳(ねじめさやか)と申します。

簡単ではございますが、自己紹介とこれまでの経緯、また『マンションマーケット』との出逢いについてお話させて頂きます。

~はじめに~

初めてお会いする方に必ずと言っていいほどお声掛け頂くのが名字に関してです。

珍しいですよね。

私も興味本意で調べた所、おおよそ日本全国で禰寝人口90人だそうです。

出身地に関してですが、東京生まれ、東京育ちでございます。

元々は九州方面の名前で、両親共に九州出身です。

父親は大学卒業後、東京での就職。のちに私が産まれました。

幼少の頃から夏休みなどは一緒に帰省していた為、今でも九州を訪れるとほっとします。

『私にとっての故郷は九州』と言ったところでしょうか?

~経歴を少し~

今までの経緯を簡単にまとめると、

婦人服小売→不動産賃貸業→マンションマーケット

でございます。

ショップ店員から不動産業界への転職は『全く違う業界なのに。。』と、ビックリされる事が何度もあります。

。。実は婦人服の販売も、不動産の販売も似ていませんか?

それはどちらも『人生を豊かにする為のお買い物』という所です。

以前は婦人服小売業に8年従事しておりました。
いわゆる『ショップ店員』です。

近年ターゲットの年齢層を絞らないファストファッション(UNIQLO、guしかり)や、IT との融合でネットでの購入が主流になりつつあり、販売スタッフと会話をする機会が減ってきているかと思います。

会話をするのはサイズの事、又はカラーバリエーション位ではないでしょうか?

しかしながら、私の勤めていたブランドはターゲットを絞り、また対面接客を大切にしておりました。

元々、お洋服はもちろん好きでしたが人並みでした。
(その年代の女性は皆さん興味がありますよね?また業界内には飛び抜けたお洋服マニアがたまに居ます。)

それよりもお客様とお話する事がとても大好きでした。
『記念日の為のお洋服』だったり、『自分へのご褒美』など『お客様の大切な日』の人生の1ページに係われ、一緒に悩み、
アドバイスさせて頂く事が何より幸せで、仕事に邁進しておりました。

そんな中、接客が大好きな所が効を奏し、入社1年半後より店舗責任者として店舗運営、横浜エリアの人事採用、新人研修、千葉~九州まで既存店舗の立て直し。

新店舗立ち上げにあたり、PR やマネジメントなど幅広く経験させて頂きました。

ブランドも店舗数が増え、また目標も達成し大きくなっていく中で、自身の働き方として、現場ではなく内勤(本社にて商品の開発などに携わる事)になるという事も考えました。

アパレル業界では店舗→内勤(本社)が良くある流れなのです。

しかしながら、私はやはりお客様と関われる対面接客が好きだという事。

婦人服販売と、ターゲット層が絞られた中で
(もちろんそれ以外の顧客様からもご愛顧頂いておりましたが。。一部の男性からも)
関われるお客様が限られており、目標を達成する度に、『やりきった』という気持ちが芽生えておりました。

そして、その気持ちは日々強くなっていきました。

ある日、顧客様ともお付き合いが長くなって行く中、出会った当初は大学生だった顧客様にご来店頂きました。

就職し、結婚し、その時は、お家を探されている様で、お洋服をお選びになられている際に『どこに住めばいいかな?』とご相談を頂きました。

私にとって、お洋服以外のご相談を頂く事、それはとても嬉しい事でした。

尚且つ『人生で幾度とない住まい選び』に関わらせて頂く事。

そして当時知識がない私は、『自信をもって、アドバイスが出来る様になれたら素敵だな』と転職を考えるきっかけになった出来事でした。

~不動産業界への転職~

いざ転職!

賃貸業界に足を踏み入れました。

全国展開をしている大手仲介会社で、都心部の店舗に勤務致しました。

初めは知識をつける事、業務に慣れることに必死な1年でしたが、やはり『住まい選び』という大きな節目にお客様と関われる事はとても有り難く、遣り甲斐を感じ、勤務に邁進しておりました。

しばらく慣れてきて感じた事。

それは『不動産業界ってグレーだな』と言う事。

それはお申込みをしたくて、募集中の物件に問い合わせをしても、
業者さんから『お申込みが入っている』といると言われてご紹介できなかったり。

実は、お申込みが入っていなくても、他に自社で検討してるお客様がいらして、
紹介してたりすると、募集終了と言われたりするんです。

インターネットに掲載があって、次の日にまた問い合わせたら、
『ご紹介可能ですよー』と、紹介出来る様になっている。

前日に、電話口で『申込入ってます』と言っていた営業マンと違う方がお電話に出た場合、
『申込になったのではなかったですか?』と聞いても『なってないですよー』と言われたりします。

『え?』という感じですよね。

いわゆる『囲いこみ』というものです。

そういう事がなされてる事を物件をお預けになられてる家主様はご存知ないんですよね。

1日でも早く決まってほしいのに。

そして本当に住みたかった方も諦めなくてはならない状況。

逆の場合もしかりです。

お客様のご希望の物件は募集中にも関わらず、
営業マンの利益目線で『その物件の募集は終了しております。』
『ですので、こちらの物件はいかがですか?』

残念ながら、このような不動産会社が存在します。

営業マン目線の利益重視な応対に関しては、担当の営業マン次第で、
誠実な対応をしている方もいらっしゃいます。

でも、それに関してはお客様目線からは調べようがないのです。

そんな業界のグレーな部分がとても嫌でした。

『人生を豊かにするためのお買い物』
私は染まらないぞ!と思い、気持ちが擦りきれていく様な日々の中、自身もステップアップの為、
賃貸から売買に転職を考えておりました。

そんな中で出逢ったのが、マンションマーケットでした。

~マンションマーケットとの出逢い~

そんな不動産業界のグレーを払拭する為に立ち上がったのが、弊社代表の吉田でございます。

私がマンションマーケットを知るきっかけは、お知り合いの方からのご紹介でした。

知る以前までは前職の退社を決める前から他の会社に何社かお声掛けを頂いたりしており、
転職活動に関しては悩んでおりました。

しかしながら、マンションマーケットのホームページを見て感銘を受けて以来、マンションマーケット一筋で活動致しました。

感銘を受けたポイントは、弊社マンションマーケットのビジョンである、
『“納得できる不動産取引”の実現』

なぜ先程の『囲いこみ』が無くならないかというと、買い手、売り手の情報格差がある為です。

また、更に間に業者が入ることにより、スムーズかつクリーンな取引が難しくなっている現状です。

そんな業界を変えようとしている会社があるのか!と強く感じました。

~入社をして~

まわりのスタッフとの意見交換、スタッフ同士の会話を聞いている中、
利己的な営業ではなく、売主様、買主様に寄り添う信頼出来る仲介を実現している会社だなと日々体感しております。

私もマンションマーケットの一員として
『“納得できる不動産取引”の実現』が不動産業界内に1日も早くより広がるように尽力していきたいと思います。

また、購入エージェントとして『人生を豊かにする為のお買い物』が
安心して、本当にご納得頂けるお取引となる様、日々勉強をしてまいります。

是非ご購入、ご売却の検討の際には、誠実かつ安心なお取引が実現出来る
『マンションマーケット』にお声掛け頂けると幸甚に存じます。

あけましておめでとうございます

1月より入社致しました西山 宗秀と申します。

関連記事

  1. 姿勢の正し方

    2016.08.19
  2. 読めるかな?東京地名編

    2015.05.08
  3. 50歳オーバーの新人です!

    2015.04.10
  4. 太陽系惑星の大きさ(対数目盛)

    2015.06.09
  5. プロとしてのマーケット感

    2016.05.26
  6. こんにちは。購入エージェントの小牟田と申します。

    2017.08.24
PAGE TOP