Loading

BLOG

指揮者というリーダー

これまでの職場で、よく言われ、またよく自分に言い聞かせたのが「バリューを出せ」「バリュー出してる?」という言葉。多くのビジネスパーソンが首肯されると思いますが、自分自身がその仕事にかかわった結果、その人独自の付加価値を提供できたのか否か、という意味です。「仕事」を加えた、とも言い換えられるでしょうか。

メッセンジャーに終始しない、作業だけに終わらない、という意識は、とくにレールの上を走るだけでは十分ではないベンチャー企業や、創造的なビジネスを展開する人々にはとても大切なことです。

 

図1

TED|イタイ・タルガム 「偉大な指揮者に学ぶリーダーシップ」

著名な指揮者であり、かつ経営コンサルタント(実際には、経営幹部向けのリーダーシップトレーニングのようなもの)でもあるイタイ・タルガムという方のTEDトークのご紹介です。

音楽を奏でるオーケストラにあって、指揮者は楽器を持ちません。当然、メンバーの前に立つだけでは、無価値。バリューゼロです。そこで、指揮者は譜面に沿って指揮棒を振るわけですが、それでも人並み。

歴代の著名指揮者は、たんに指揮棒をふるだけにとどまりません。オーケストラをまとめ上げ、最高の音楽を創り上げるために、バリューを出します。オーケストラに対して、それぞれの指揮者なりのリーダーシップを発揮するのです。

厳格で高圧的な「指示」をするスタイルから、メンバーを信頼してともに「共鳴」するタイプまで、様々なスタイルが存在するようです。さてどんなスタイルのリーダーシップ(指揮)が、より素晴らしい音楽を創るのか。ぜひTEDトークをご覧ください。

CarrierWave の後継ファイルアップローダー Refile が良い感じらしい

瑕疵保険説明会に行ってきた

関連記事

  1. 売却コンサルタント(営業職)に興味ありませんか?

    2015.08.21
  2. 今月二回目のシャッフルランチ

    2019.02.15
  3. マンション売却の初期ステップ

    2016.01.18
  4. 初めまして!マンションマーケットの爪川です。

    2016.06.06
  5. マンションマーケット本格開業のお知らせ

    2015.08.17
  6. この先出会う仲間に向けて、代表語り中。

    2017.01.26
PAGE TOP