Loading

BLOG

新しく入社致しました谷口です。

はじめまして!

2017年9月1日よりマンションマーケットの一員となりました仲介営業部の谷口です。
当社ブログをお読み頂き、いつもありがとうございます。入社してより少しずつですが仕事にも慣れてきて、こうしてブログを書けるまでになりましたので、拙い文章ながら、自己紹介をさせていただければと思います。

 

自己紹介

改めまして、私、谷口 正悟(たにぐち しょうご)と申します。
正しく、悟ると書きます。きちんと事象を理解できるようにと名付けられたと勝手ながら解釈しております。
出身は和歌山県で、みかんや柿・桃などフルーツが美味しいところです。不動産業界的に言うと、都市計画は定められておりますが、用途地域のない非線引き都市計画区域という田舎町です。(田舎ですが大好きな町です)
そんな田舎町でも、その町が好きで、その町のために努力されている人達がいて、幼心ですが、まちづくりや不動産という業界に興味を持ちました。

どんな町でも、誰かが手を加えたり、不動産の取引によって、建物が変わっていかないと、必ず廃れていってしまいます。商店街がシャッター街になったり、空き家が増えたり、街路がガタガタになったり、町が年老いていく中での変化としては当然ですが、そこに不動産業界として関われるものがあるんじゃないかと考えています。

 

転職のきっかけ

故郷(私の故郷は和歌山ですが、知らない町もだれかの故郷だと思って、毎日過ごしています)のために、何が出来るかという安易な考えではありましたが、不動産業界に身を投じようと、新卒で大手デベロッパーに就職いたしました。
転職した今振り返っても、良い会社だったなーと思っています。

それでも、転職するまでに至ったのは、
安定した会社で、確実な人生を歩むよりも、大都会東京でチャレンジしてみたかったというのが、個人的な気持ちでした。

どんどん時代は進んでいきます。
私はどちらかというとアーリーアダプターに分類される方ですが、数年前では考えられなかった便利なサービスが日常に入り込み、今では日々の生活の中で無くてはならないという事も少なくないと感じています。
しかし、日本では規制や既得権者の抵抗が厳しいという事もあり、世界では爆発的に伸びているサービスであるairbnbやUberなどですら非常に苦戦しておりますが、不動産業界も同様なんじゃないか?と思います。
不動産業界は、もっともっと便利なサービスが登場してきてもおかしくない業界です。
そこに果敢にもチャレンジしている会社の一つがマンションマーケットという会社でした。

 

入社してから

新築マンションの販売経験はあったものの、私自身、中古マンションの取引経験がゼロという状況からスタートしましたので、入社してからは毎日が学びの連続でした。
“納得できる不動産取引”の実現のために日々邁進している会社の中で、早くからたくさんの機会・チャンスをいただけるのは、非常に恵まれた環境だなーと日々感じています。
振り返ってみると、「井の中の蛙大海を知らず」という言葉がありますが、今回転職することによって、外の広い世界を肌で知ることができました。
まだまだ未熟ながら、どんどん変わっていく世界に遅れを取ることなく、日々精進していきたいと、新年より襟を正している今日この頃です。

 

最後に

自分自身について色々とお話してきましたが、個人としても成長段階であることはもちろん、会社としてもまだまだ成長段階です。
マンションマーケットのこれからの成長のためには、同じ志を持った“人”のちからがまだまだ不足しています。
・これからの不動産業界を変えていきたい。
・いまの不動産業界に少しでも不を感じている。
そんな気持ちが少しでもあるという方がいらっしゃいましたら、下記URLを覗いてみてください。

 

▼マンションマーケット リクルートサイト

RECRUIT


少しでも参考にしていただければ幸いです。

長くなりましたが、最後までお読み頂きありがとうございました。

マンションマーケットの2017年を振り返ります

「週刊ダイヤモンド」に掲載されました

関連記事

  1. 準備は一歩ずつ

    2016.04.20
  2. いざ銀座へ!

    2016.09.20
  3. 2017年度マンションマーケット開発フローについて

    2017.09.25
  4. この先出会う仲間に向けて、代表語り中。

    2017.01.26
  5. 良いお年を

    2014.12.26
  6. 業界にスポットライトが当たる?

    2016.08.01
PAGE TOP