Loading

BLOG

ブエルタ・ア・エスパーニャ

スタッフブログをご覧の皆様、こんにちは!
売却コンサルタントの高倉です。

突然ですが、近ごろサイクルロードレースのTV観戦にハマっております。
ロードレースと言ってもその規模は様々で、ONE DAYレースから20日間以上かけて行われる「ツール・ド・フランス」のようなグランツールまで、年間を通して多くのレースが行われています。

ロードレースの中で最も知名度が高く、世界100ヶ国以上で放送される「ツール・ド・フランス」は今年7月~8月にかけて行われ、今年はチームSKYのクリス・フルームの優勝で幕を閉じました。

グランツール

ツール・ド・フランスのような「グランツール」と呼ばれるレースは、毎日150キロ以上の道のりを自転車で計20日前後かけて走破(休息日は2日程度)します。1日ごとにコース(ステージ)の特徴は異なり、スプリンター向けの平坦基調のコースから、1日の獲得標高が4000mを超えるクライマー向けの山岳ステージまで様々なステージが日替わりで用意されます。
(数時間で軽く富士山を自転車で越えてしまう計算ですから、凄いですよね)

なお、グランツールの出走チームはおおよそ20チーム強、1チーム9人までとなっており、合計200名前後の選手が、全ステージ累計タイムの最も少ない選手に与えられる「総合優勝」の栄誉を目指し、過酷なレースを繰り広げます。
(総合優勝以外にも、山岳賞やポイント賞、ヤングライダー賞などの賞があります)

とまぁ、グランツールの説明はこのあたりにしまして、ツール・ド・フランスに並ぶグランツールである「ブエルタ・ア・エスパーニャ」が8月から始まりました!
日本では夜10時から放送が行われていますので、私も可能な限りLIVEで見るようにしています。

ロードレースの面白さ

ロードレースには多くのルールがあり、またルール化はされていませんが長きに渡り選手達の間で「暗黙のルール」とされている様々な決まり事のようなものがあり、複雑ではありますが、ルールや決まり事を知れば知るほどロードレースの面白さに引き込まれていきます。

さらに、ロードレースは単に肉体的な速さのみではなく、心理戦・頭脳戦の要素がふんだんに盛り込まれています。
毎日150キロ以上を走破する強靭な肉体と精神力が必要なのはもちろん、他チームとの駆け引きや選手間同士の駆け引きも大きな見どころだと思っています。

アシストはエースのために

ロードレースを見始めた頃、私が個人的に最も興味を惹かれた点はアシスト達による「自己犠牲」の精神でした。
上で、「1チーム9人の合計200名前後の選手が総合優勝を狙い争う」と言いましたが、実際には各チームに1人ずつ「エース」と呼ばれる選手がおり、エース以外の残りの選手は「アシスト」と呼ばれ、自チームのエースを総合優勝させる事を目標としています。

レース中は時速40キロや50キロ、下り坂では100キロにも至るスピードで推移しますので、選手が受ける「風」は並大抵のものではありません。この風を受けながら毎日150キロ以上を1人で走破する事は、いかに力のある選手と言えど至難の技。
そこで、エース以外のアシストがエースの前を走って風よけを務めたり、山岳ではエースを引っ張りペースを作る事が一般的なアシスト達の役割となります。中には、他チームへプレッシャーをかけるため、一人で集団から飛び出し(後で失速すると分かっていながらも)エースのためにアタックを仕掛ける事もあります。

もちろん、これらのアシストはもろに風を受ける立場となりますため、アシストは次々と脱落していきます。
徐々にアシストが脱落していき、ゴール手前数キロ地点まで来ると、最後のアシストから発射された各チームのエースがゴールへ向かって全力疾走を見せるのです。
チームとして、エースを1番にゴールさせるため、自己犠牲を払いながらもレースを展開していくアシストの心意気と、エースのために自分の仕事をきっちりとこなすアシスト達の姿勢に心打たれたのを覚えています。

売却コンサルタントは「エース」ではない

非常に長くなってしまいましたが、このブログで何が言いたかったのかというと、売却コンサルタントの私は「エース」ではなく、あくまでも「アシスト」の立場であるということです。

不動産売買というステージにおいて「エース(主役)」となるのは、「売主様と買主様」です。

私たち売却コンサルタントは、自分が担当するお客様(エース)が、安全に確実に、そして最も満足の得られる結果となるように精一杯サポートをさせていただくアシスト役であると考えています。

しかし、このアシストの役割は非常に重要で、アシスト(営業マン)次第で売買の成功可否や安全性に影響がでてくるのも事実です。

ロードレースのような自己犠牲の精神とは少し異なりますが、売主様にとってより良い売却を目指し、エースアシストとししてもっともっと業務の質を高めていきたいと考える今日この頃でありました。

なんだか、ただのロードレース記事になっちゃいましたが(苦笑)、本日はこの辺りで失礼します。
お読みいただきありがとうございました。

ちょっと前からプールに通い始めました

事務所移転のお知らせ

関連記事

  1. いざ銀座へ!

    2016.09.20
  2. CTO の個人的な経験や考え

    2017.06.01
  3. 新しく入社致しました谷口です。

    2018.01.29
  4. 地道さ・泥臭さの必要性

    2014.12.08
  5. 行動で判断する

    2016.06.13
  6. 大事です、バックアップ。

    2016.03.22
PAGE TOP