Loading

BLOG

サイトデザイン史

吉田が 2016 年 5 月 7 日に「創業から2年が経ちました」と書いていましたが、mansion-maket.com のサイトリリースは記録によると創業から約 2 ヶ月後の 2014 年 7 月 18 日だったようです。

ということで WEB サイトもリリースからそろそろ 2 周年が経とうとしております。
そこで、当時のサイトデザインを少し振り返ってみようと思います。

なお、記事中のスクリーンショットは当時の情報や開発用のテストデータで構成されており、現在の情報や事実と異なる内容ですのでご注意ください。

トップページ

スクリーンショット 2016-06-29 1.25.16

「マンションの価格に関する情報をまとめた情報サイト」がコンセプトでした。
「β版(対応エリア:豊洲、東雲、有明)」とあるように、当初は湾岸エリアの大規模マンションに限定して情報提供していました。

マンション一覧

スクリーンショット 2016-06-29 1.25.39

初期ヴァージョンの検索はフリーワードしかありませんでした。
空白が多めですね。

マンションマップ

スクリーンショット 2016-06-29 1.26.07

実は初期ヴァージョンにもマップ検索は搭載されていました。
一覧画面と同様ですが、マンションの情報量がほとんど表示されていません。

マンション詳細

スクリーンショット 2016-06-29 1.26.32

今のマンションページのコンテンツ量と比べるとかなり少ないですね。
マンションスコア、オンライン査定 (簡易査定)、過去の取引事例はサイトリリース当初から提供していました。
コンテンツのならび順は

  • マンション名
  • 住所
  • 写真
  • マップ
  • マンションスコア
  • オンライン査定 (簡易査定)
  • 過去の取引事例

でした。

まとめ

いかがでしょうか?
リリース当初のデザインを改めて見るとちょっと恥ずかしいですね。
ちなみに GitHub のリリースタグの記録によると一番最初のヴァージョンは 1.0.0 でした。

 

情報のタイムラグ

スピード契約!

関連記事

  1. 購入サポートのコンサルタントの仕事内容とは?④

    2016.08.22
  2. お客様の笑顔

    2016.08.22
  3. 声のなき顧客の声を聞くこと。

    2016.05.11
  4. マンション評論家も驚いた、マンションマーケットのあの機能!

    2016.07.11
  5. 首都圏マンションオーナーの売却意識

    2016.07.26
  6. 大事です、バックアップ。

    2016.03.22
PAGE TOP