Loading

BLOG

ナレッジ共有の方法

こんにちは。太田です。

今日はいつもと話題を変えて、業務関連の話題について書いてみようと思います。

弊社では、ChatworkやSlack、Trello、Githubなど様々なツールを使っていますが、先日からDocbaseというツールを導入しました。

ナレッジマネージメント

ナレッジマネージメントという言葉をご存知でしょうか?

個人のもつ暗黙知を形式知に変換することにより、知識の共有化、明確化を図り、作業の効率化や新発見を容易にしようとする企業マネジメント上の手法。

※出典:Wikipedia

ナレッジマネージメントにおける具体的な手法である知識共有化により、集合知をいかに作っていくかは組織にとって非常に重要です。
チーム内で決めたオペレーションや、会社内の各種申請ルールや、個人で貯めこんでいたナレッジなど、社内の様々なナレッジを貯め、共有することで業務効率を図るために、Docbaseを導入しました。

ナレッジ共有ツール

導入に際しては、以下のナレッジ共有ツールをテストで使ってみました。
以下、使ってみた所感です。

  1. Qiita:Team
    ナレッジ共有ツールでは一番有名なのではないでしょうか。
    ただ、プロジェクト単位での利用が前提だったり、マークダウンのみの記述方法を考えると、非エンジニアやチーム単位の利用を考えると難しいかなと思いました。
  2. Confluence
    以前の職場で利用していたツールですが、ツリー構造で情報を体系化できるものの、海外製のツールなので使いにくい面も。
  3. DocBase
    組織やプロジェクト単位で情報を整理できるツールです。
    使い方によっては構造化も出来るので、情報を整理する単位をコントロールしつつ、使いやすさを兼ね備えています。

それぞれ良し悪しはあるとは思いますが、弊社では情報の体系化と使いやすさの観点からDocbaseの導入を決定しました。

まとめ

ついつい後回しになってしまうドキュメント作成ですが、小さな組織が大きくなっていく上では様々な情報を整理して残して、共有する事は非常に大切ではないかと思います。
俗人的になりがちなオペレーションですが、これらのツールを活用出来れば、今以上に円滑なオペレーションを遂行することが出来のではないでしょうか。

嬉しいお客様の声

声のなき顧客の声を聞くこと。

関連記事

  1. マンション名

    2015.06.25
  2. 仕事とは関係ないけど・・・

    2016.03.24
  3. 営業チーム ~ナレッジ共有ミーティング編~

    2016.06.06
  4. 事務所の引っ越し準備

    2015.08.10
  5. 会社のコト、不動産のコト、自分のコト

    2017.07.27
  6. 知識や経験だけで売るものではない

    2016.05.27
PAGE TOP