Loading

BLOG

準備は一歩ずつ

こんにちはマーケティングの坂田です。

先日、九州地方で地震が発生しました。
当然マンションにも被害が出ているようで、あらためて耐震性の話なども取り上げられているようです。

誰もが地震の怖さは知っており、現在の耐震基準を満たしていない築古マンションなどは、
「耐震工事」が必要だと自覚していると思います。
※現在の耐震基準についてはこちらも参考に→「新耐震基準

しかし、一部マンションでは「やりたくても出来ない」というケースがあります。

その理由の大半は「お金」です。

耐震診断や耐震工事には多額の費用が発生しますが、
修繕積立金があまりないマンションではその費用を捻出出来ないのです。

では捻出出来るマンションと出来ないマンションの差はなんでしょうか?

もちろん原因は1つではないと思います。
ただ、出来るマンションに共通しているのは「計画性」だと思います。
所有者の方々が自分のマンションに対して「当事者意識」をもって運営に携わることがその1歩です。

すぐには難しいとは思いますが、日々のそういった積み重ねがいざという時に役に立つと思います。

前回に引き続き「マンション管理」について書きましたが、
今回のことを通じて、あらためてその気持ちが強くなりました。

改めて考える住宅の意味

RailsのPresenter パターンについて調べてみた

関連記事

  1. シャッフルランチを実施しました

    2019.02.14
  2. 改めて考える住宅の意味

    2016.04.18
  3. この先出会う仲間に向けて、代表語り中。

    2017.01.26
  4. 売却コンサルタント(営業職)に興味ありませんか?

    2015.08.21
  5. 首都圏マンションオーナーの売却意識

    2016.07.26
  6. 地名とマンション名

    2015.07.13
PAGE TOP