Loading

BLOG

消費者から本当に必要とされる不動産仲介とは?

日誌をご覧いただいている方、こんばんは。高倉です。
昨日は前職時代から知り合いである、港区にある不動産会社の営業さん(恐らく社内トップセールスだと思う)とご飯に行ってきました。その会社は賃貸仲介がメインなのですが、港区でも1,2の仲介件数をこなしている賃貸業界では有名な会社です。そんな会社でトップセールスをあげている(と思う)方なので凄い方なのですが、その営業さんとは同年齢で前職場も近かった事もあり気さくに色々な事を話しました。本日はそこで感じた事について少し。

 

一体どれだけの会社が消費者にとって意味を持つのか?

突然ですが、中古マンション・戸建の売買仲介市場において、蔓延る両手取引も手伝い不動産仲介は大手仲介会社数社の独占に近い状況にあります。もちろん、大手仲介会社のサービスは一定以上の質を確保していますから、大手に仲介を頼みたいと思う方もいるでしょう。それだけ大手の存在は大きいと言えます。

しかし、その営業さんのいる賃貸仲介市場は少し事情が異なり、両手取引の割合がぐっと減ります。その代わりに物件情報がネット上のありとあらゆる場所に掲載され、仲介会社による顧客獲得合戦が行われています。
例えば、ポータルサイトにはまったく同じ物件情報が複数の仲介会社によって何件も登録されサイトは見づらく、掲載している仲介会社は他社と差別化するために手数料無料を謳います。明らかに顧客数よりも不動産会社の数が多すぎて顧客争奪戦の様相を呈し、集客のためにおとり物件を掲載したり、礼金を上乗せしたりして消費者を欺き陥れている、そんな会社・営業マンも存在します。

そのような仲介会社の飽和状態に加え、ネット集客により顧客が物件を指定してくる時代です。従来のように店頭で顧客に合った最適な物件を提案するコンサル型営業を必要としなくなった賃貸仲介営業において、賃貸仲介(客付)営業はもはや部屋の鍵を開けるだけの鍵屋さんだと言っている方もいました。その言葉はあながち間違いではないと思っています。実際に私自身も賃貸営業時代には同じような感覚を持ち、消費者にとっての自分や自社の存在意義について考え模索していました。

誤解を恐れずに言ってしまえば、どの会社にお願いしても知識・サービス差が少なく大概の物件が契約できる賃貸市場において『この会社が無くなってしまったら多くの消費者にとって困る』という意味のある会社が一体どれだけ存在しているかと言うと、正直それほど多くないだろう感じています。これは都内で賃貸仲介をしている方なら一度は感じたことがある感覚ではないでしょうか。

 

サービスの価値。消費者から本当に必要とされる不動産仲介とは?

そこで昨日の話に戻るのですが、私とその営業さんでは売買仲介市場と賃貸仲介市場で事情は異なるものの、普段からお互いに考えている事は似たような内容で【どうしたら本当に消費者に必要とされる不動産仲介サービスを提供できるのか】という事でした。
ただの鍵屋さんとしてではなく、『この人だから』『この会社のサービスだから』と消費者に言ってもらえるサービスが提供できてこそ、本当の不動産仲介なんじゃないか、それが本当の価値なんだろう、そんなやりとりをしました。

当然ながら、これは不動産仲介市場に限ったことではないですよね。同業他社が多く存在する中で、消費者にとって自分たちが提供するサービスや商品を利用してもらう意味、自分たちのサービスや商品だからこそ提供できるもの、それを明確に提示できなければならないと思っています。

幸いな事に、マンションマーケットではその部分が明確化しており、そのサービス提供に向けての日々が続いています。昨日お話しした営業さんも、今後展開したいという面白いサービス構想を持っており、色々と話を聞かせていただきました。

今後、不動産取引を行う皆さんに『マンションマーケットだから』と言ってもらえるサービスが提供できる日を目指して日々頑張ってまいります。最後までお読みいただきありがとうございました。

開発キックオフ

不動産業界の問題行為

関連記事

  1. 売主様との関係づくり

    2016.08.01
  2. キュレーションサイトってなんだろう?

    2016.06.12
  3. 取材して頂きました!

    2016.03.05
  4. シャッフルランチを実施しました

    2019.02.14
  5. 売却コンサルタント(営業職)に興味ありませんか?

    2015.08.21
  6. 『97824』

    2015.05.29
PAGE TOP