Loading

BLOG

現在の不動産仲介業について思う事

起業日誌をお読みいただいている皆様、こんばんは、高倉です。
本日は日々の業務から少し離れますが、現在の不動産仲介業について個人的に思う事を少しお話ししようと思います。

不動産集客のネット化

賃貸・売買に関わらず、不動産を探す際に多くの方がインターネットを利用すると思います。
実際に現在の不動産集客ではインターネットの普及により、路面店を構えて飛び込み客を待つスタイルから、ネット上で顧客を募る事へと集客スタイルが変化しています。
物件情報についてもエンドユーザーが見るポータルサイトの物件量は、非公開物件も含めると既にレインズ上の物件情報量を超えていると言えます。

一般的な不動産仲介には売主(貸主)側の仲介会社(元付会社)そして買主(借主)側の仲介会社(客付会社)が存在し、各仲介会社が各顧客のエージェントとして交渉・折衝業務を行います。
例えば、買主(借主)側にスポットをあてると、従来は不動産会社に行き自分の希望条件を伝え、それを基にプロ視点から様々な物件を提案してくれる。そして気に入った物件があった際は買主(借主)のために最善を尽くして申込・交渉・折衝業務を行ってくれる。
これが従来の客付エージェント業務です。

しかし、インターネットの普及に伴い消費者がネット上で自分の希望に合った部屋を探す時代になり、この客付エージェントの必要性が希薄になってきているのではないか?
私はここ数年、そんな事を考えています。
以前とある知り合いの仲介会社の方が話していた事で今でも鮮明に私の中に残っている言葉があり、『特に賃貸において客付仲介会社はもはや、ただ内覧時に部屋の鍵を開けるだけの鍵屋さんだ・・』というものでした。
この言葉はあながち間違いではないと思っています。

客付エージェントの必要性

誤解を招かぬよう初めにお伝えすると、もちろんプロの客付エージェントとして顧客利益最大化のために素晴らしいサービスを行っている営業マンもいます。
しかし、飽和状態にある仲介会社のうち、顧客にとって本当に意味のあるエージェントとして存在している営業マンが一体どれだけいるだろうか?そんな事を考えてしまうのです。

従来のような、買主(借主)のヒアリングをしてプロの視点から最善の提案・交渉をするという作業は少なく、ネット広告ありきで初めから消費者が物件を指定して問合せをしてくるので、客付仲介会社の多くは部屋の鍵を開ける事から始まります。
そして、上記のようなフローのため、特に賃貸における客付仲介会社はプロとして顧客のための提案力や交渉力を磨くというよりも、いかにネット集客をするかという事に重きをおく傾向にあります。

しかし、部屋の内覧から契約までの作業は、客付仲介会社ではなくオーナーの窓口である元付仲介会社に直接お願いしても同様のサービスをしてもらえます。それどころか、客付仲介会社を挟まずに直接やり取りができるので、むしろスムーズなくらいです。
ですから、物件をネット上で自分で探す消費者からしてみれば、客付仲介会社として余程の交渉力や知識がある場合を除いて、元付仲会社に問い合わせをして案内等を受け、交渉する場合も直接元付会社に交渉したほうがよほどスマートかもしれません。

消費者のためにあるべき姿

このような事を言うと、客付会社は必要ないと捉えられるかもしれませんがそうではありません。
現在の仲介システムでは、客付会社を必要としている消費者が間違いなく存在しますし、元付会社が全て良心的な会社であるとは限らず、自社利益のために消費者を欺く可能性もあります。
(まぁそれは客付会社にも言えることなのですが・・)
ただ、現在のシステムにおいては、消費者には物件を掲載しているその会社が果たして客付なのか、それとも元付なのかという事すら判断できない状況です。

例えば、物件を掲載している不動産会社がその物件の元付会社なのか客付会社なのかを現状よりも分かりやすくするだけで、消費者は自身でどちらで仲介してもらうかを選ぶことができます。
消費者がそれを選ぶ権利はあってよいと思いますし、ある程度不動産会社は淘汰されるとは思いますが、真に顧客のために意味のある客付会社であればそれで顧客が0になる事はないと思います。

もっと極端に言えば、売主(貸主)と買主(借主)が不動産会社を介さずに直接契約を結んだり、不動産取引が全てネット上で行えるようになれば、大多数の不動産会社は必要なくなってしまいます。
その場合、もやは『不動産仲介』という仕事が必要なくなるかもしれませんが、当然現在のような高額な仲介手数料は発生しません。
しかし、現状では簡単に個人間取引が行える状況ではありませんし、ネット上で不動産取引の全てが行える状況でもありません。

それでも、将来的には個人間取引が頻繁に行われる時代が来ると思っていますし、もし個人間やネット上で簡単かつ正しくマンションの取引が出来れば、それが消費者にとって最も良い不動産取引の形なのかもしれないと思っています。
これからの不動産仲介業はどんどん進化していく。
そして、そんなサービスを市場に生み出すのがマンションマーケットでありたいと思っています。

またまた長くなってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

地道さ・泥臭さの必要性

Nginx で Rails と WordPress を動かす

関連記事

  1. 2月度MVP受賞者の発表を行いました

    2019.03.15
  2. 電柱地中化エリアの心地よさ

    2015.05.26
  3. 新メンバーの藤井です!!

    2017.04.24
  4. メール連打のお客様と体調を崩した話

    2014.12.24
  5. 売買契約完了

    2015.05.07
  6. この先出会う仲間に向けて、代表語り中。

    2017.01.26
PAGE TOP