Loading

BLOG

地道さ・泥臭さの必要性

起業日誌をご覧いただいている皆様、こんにちは。
高倉です。
本日は日々の業務とその過程で感じた事について少し。

マンションマーケットの業務について

マンションマーケットは現在少人数のチームで運営をしています。
サイトのコンセプトやコンテンツ内容、チーム全体の方向性等については、代表の吉田を核としてエンジニアの山下そして私の全員でミーティングを重ねながら決定しています。
そのミーティングで決定した事項について各自が担当する業務に持ち帰り、それぞれがそれぞれの担当業務を仕上げる、という形が基本的に多いでしょうか。

少人数の為、意思決定が早く小回りが利く事が最大の特徴ですが、少人数でもそれぞれの視点から様々な意見が出ます。
私にとってはその意見がいつもとても新鮮で、一貫して不動産業務のみを行ってきた自分の思考がいかに凝り固まっているか、また、自分がいかに無知であるかという事も同時に実感しています。
もちろん、全ての事をたった一人でこなす事はできませんので、自分に足りない部分を他のメンバーの知識や能力で補いながら少しずつ前へと進んでいます。

そんな中、現時点のマンションマーケットにおける私の役割は主に不動産に関する部分です。
マンションの知識であったり、不動産業務の実務的な知識であったり。
しかし、私自身まだまだ足りない部分が沢山あるので、日々学ぶ事も多いです。
ましてや、マンションマーケットは従来の業界にはない新しいサービスを提供しようとしていますので、新たに学ばなければならない事も多々あります。
しかし、そんな新しいサービスを提供するためには、新たに学ぶことや新たな発想を生み出す事ばかりではなく、地道にコツコツとやらなければならない業務もあります。

『地道さ』『泥臭さ』の必要性

現在、マンションマーケットサイト上で公開しているマンションスコアとエリアスコアそしてオンライン査定システムは、自信をもってオススメできるサービスの一つです。
実際、5年間不動産業務を行ってきた私から見てもそのオンライン査定価格結果の正確さには毎回驚かされています。(査定結果はあくまでも想定価格ですが)

しかし、そんなサービスを提供する為に、裏(私達、提供者側)では半端ではないほど地道な作業を行っていたりします。今では山下が開発した自動化ツールによりその負担は大幅に軽減されていますが、当初は物凄く地道に時間がかかる作業を行っていました。

また、サイト上で利用しているマンション写真は、全て自分たちで撮影を行ったものです。
このマンション写真の撮影も地味で時間のかかる作業です。
これまで200棟以上のマンション写真を撮影していますが、ようやく掲載マンションの3分の2程度といったところでしょうか。
年内もしくは年明けには掲載マンション全ての写真を撮り終えたいと思っています。

地味で泥臭い作業ではありますが、個人的にはより良いサービスや革新を生み出すためには、このように地道で泥臭い業務も必ず必要だと思っています。
地味で時間はかかりますが、その地道な作業の蓄積がサイトの快適性を向上させたり、自動オンライン査定のような新しいサービスを生み出したりしています。今撮影しているマンション写真についても、例えば撮り終えた膨大なマンション写真を不動産会社向けにマンション写真サービスとして提供する、などといった新しいサービスの誕生に繋がるかもしれません。

毎日地道な作業ばかりこなしていると、
『どうしてこんな地味な作業ばかりしなきゃならないの?』
『もっとスケールの大きい仕事がしたい!』

と思ってしまう事もあるかもしれません。
そんな時は、この地味な作業がどこに繋がっていくのか、そこを確認する必要があると思います。
案外、革新のための材料はそんな地道な作業や日々の泥臭い作業の中に眠っているかもしれません。(もちろん、それに気づく・応用する事が必要となりますが・・)

革新のためには地道さ・泥臭さも必要

改めてそんな事を思ったので記事にしてみました。
最後までお読みいただきありがとうございました。

Rails について思うこと

現在の不動産仲介業について思う事

関連記事

  1. 城南五山

    2016.03.20
  2. 不動産会社の思惑

    2014.12.19
  3. ヒアリングに行ってきた

    2015.01.26
  4. 3月一回目の社内宅建講習

    2019.03.08
  5. マンションマーケットでの業務内容

    2016.07.26
  6. 読めるかな?東京地名編

    2015.05.08
PAGE TOP