Loading

BLOG

仕事とは関係ないけど・・・

エンジニアの古瀬です。

マンションマーケットの主な開発言語はRubyです。ここ最近半年ぐらいずっとつづけてることがあります。それは、Googleが開発したオープンソース言語であるGoの勉強です。仕事で直接役に立つわけではないのですがこれがとても面白いんです。

わけがわからなくて面白い

Goを始めたのは、ある場所で行われたGoについての講演会に参加して「Goはとにかく早い、並行処理がスゴイ」と聞いたことです。それで、「なんだかかっこいい」と思ったので気軽に始めてみました。

学習を始めてみてわかったのですが、GoはRubyよりむしろC言語に近い言語。RubyとJavaScriptしか知らない私にとっては苦労と混乱の連続でした。例えば配列から値を検索する場合、RubyやJSではメソッドが用意されています。ですが、Goにはそんなものはありません、自分で作る必要があります。

勉強会などでも、しばらくGoogleを探しまわった後で「こんなメソッドないんですかねぇ?」と誰かに聞いて「ないですねぇ」、「じゃあこれは?」「それもないんですよ。」というやり取りをすることがよくありました。

Rubyで勉強したことがほとんど役に立たず、勉強するごとにRubyは恵まれた環境だったことを思い知りました。でも、うまく行かないことがあると何とかうまく行くようにしてみたいもの。ちょっとずつでもやり方がわかったり、新しいことができるようになるのが面白くて勉強を続けてきました。逆にわけがわからないほうが面白いようです。不思議なものです。

そこそこできるようになりました

しばらく前から都内某所でのもくもく勉強会に参加したり、休日を使ってチュートリアルをやったり、小さなコードを書いたりと、いろいろやった甲斐もありそこそこ上達してきました。

最近ではたとえば数字当てゲームを作ってみました。(Playground上からはうまく動きません。.goファイルを作ってコマンドラインから実行してください。)

そろそろ、Goのウェブフレームワークにも挑戦してみたいと思っています。

大事です、バックアップ。

(真面目に)営業部の話

関連記事

  1. 数値のイメージを持つこと

    2015.04.07
  2. ナレッジ共有の方法

    2016.05.09
  3. 売主様との関係づくり

    2016.08.01
  4. 2月度MVP受賞者の発表を行いました

    2019.03.15
  5. 宅地建物取引士証について

    2015.07.02
  6. マーケティング担当者/企画担当者のデータ活用について

    2016.08.24
PAGE TOP