Loading

BLOG

地味だけど大切なこと

こんにちは、マーケティングの坂田です。

マンションマーケットのサービスを支える仕事で「地味だけど非常に重要」な仕事があります。それは 「データ処理」です。今日はそんな「マンションのデータ」に関わるお話しです。

 

地味だけど非常に重要なデータ処理

「データ処理」と聞くとエンジニアがプログラムを組んだり、ツールを使って集計したりというイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?もちろんそういった仕事もありますが、マンションマーケットでは収集したデータを、人力で処理しなければいけない業務も多く存在しています。(かなりの人と時間が割かれており、けっこう大変です)

もちろん人力で処理をする前に、システムを組んで機械的な処理をしているのですが(その処理精度も日々改善しています)、そこからこぼれ落ちるデータが必ず出ます。こぼれ落ちる数字を無視するのは簡単です。95%の精度でいいなら5%のデータは無視してもいい、という判断はできるでしょう。ただ、その5%を少しでも生きたデータとして活用したいとの思いで頑張っています。

 

なぜ、私たちが少ないデータでも活用したいと考えるのか

我々が扱う不動産は全く同じものはひとつとして存在していません。たとえ、同じマンションであっても、広さ、階数、向き、状態などが全て同じ条件ということはありません。

全体からすると何千万件もある部屋の1つかもしれませんが、売主・買主からすると重要な唯一の部屋です。極端な話、何年も売り物件が無いエリアやマンションの情報だったとしたら非常に見逃せない貴重なデータです。

このように、マンションマーケットではユーザーに皆さんに少しでも「正確で有意義なサービス」を提供したいとの思いから、今日も多くの時間がこの業務に割かれています。

しかし、気持ちだけではどうしても解決できない問題があります ・・。

 

 

「人手が不足しています…!」

 

基本的なPCスキルと「丁寧な作業が得意で根気がある」方であれば活躍できると思います。サービスを支えるデータ処理のお仕事に興味ある方はマンションマーケットで働いてみませんか?お待ちしています!!

求ム!!新規事業のデータ処理スタッフ!

 

マイソク その2

営業チームの撮影をしました!

関連記事

  1. コードも書くマーケ担当

    2016.07.31
  2. マンションの重要事項調査報告書

    2015.05.14
  3. 開発環境を入れた話

    2016.07.11
  4. おじさんも悪くない・・・

    2016.02.02
  5. 大事です、バックアップ。

    2016.03.22
  6. ちいさなことからコツコツと

    2016.03.16
PAGE TOP