日本最大級のマンション相場情報サイト「マンションマーケット(※1)」を運営する、株式会社マンションマーケットは、運営する住宅系ニュースサイト「マンションサプリ(※2)」にて、30代~50代の男性を対象にアンケートを実施。年収の変化と住まいの「間取り」の関係を調査しました。

※調査概要
調査実施時期:2017年6月20日~2017年6月28日
調査対象者 :30代~50代の男性
有効回答数 :323名
調査方法  :インターネット調査

調査結果

◆年収アップした人の家の間取りは「3K/DK/LDK」!
図6
年収がアップした人が最も多く住んでいる間取りは「3K/DK/LDK」で38.1%と、年収アップと回答した人の4割近くを占める結果に。次に多くの割合を占めたのは「2K/DK/LDK」で30.5%と、「3K/DK/LDK」と合わせると7割近い数となり、他の間取りに比べ圧倒的に多い数となっています。一方、中には驚きの「5K以上」との回答者も!

 

◆年収変わらない人の3割は「1K/DK/LDK」
「2K/DK/LDK」「3K/DK/LDK」は変わらず人気の間取り
図8
では、年収が下がった人の住まいはどうでしょうか。調査結果によると年収が下がった人と年収が上がった人の、家の間取りには大きな違いはないようです。一方で、年収が変わっていないと回答した人が最も多く住んでいる間取りは「1K/DK/LDK」で31.0%と、他のグループとの違いが見られました。しかし「2K/DK/LDK」「3K/DK/LDK」に住んでいる人も合計で約半数を占め、年収の上下に関わらず人気の間取りであることが読み取れます。今回の調査対象は30代~50代ということもあり、間取りの選択は年収の増減よりも、家族構成といったライフスタイルの変化と大きな関係があるのかもしれませんね。

▼本調査結果は、マンションサプリでもご覧いただけます。
年収が変われば「間取り」も変わる?人気の間取りを調査!

(※1)マンション相場情報サイト「マンションマーケット
全国約11万棟のマンションの相場価格(資産価値)や、過去の価格推移、賃料相場などを公開しています。

(※2)「マンションサプリ
相場や市場動向などの専門性の高いものから、これからマンションを購入しようとしている方にもわかりやすい知識系まで、様々な内容の記事を掲載。マンションにまつわる、知っておくと便利な情報、知りたい情報等をあらゆる角度から総合的に配信しています。

株式会社マンションマーケットとは?

「ライフステージに合わせ、自由に住まいを選べる社会」の実現を目指し、「不動産の情報を整理し、最適なカタチで届ける」と「多様な不動産取引サービスを増やす」ことをミッションとし、不動産サービスを提供しています。
運営サイト(https://mansion-market.com/)では、全国の約11万棟のマンションの相場情報(資産価値)や、過去の価格推移、賃料相場などを公開しています。またサイトの運営と同時に、中古マンションの売買仲介も行っており、経験豊富なコンサルタントが仲介のサポートをします。

法人概要

法  人:株式会社マンションマーケット
設  立:2014年5月
代  表:吉田 紘祐(代表取締役)
代表電話:03-6264-3650
会社URL:https://corp.mansion-market.com/

Tags: