Loading

BLOG

水泳で「世界一」を目指した夢の国の住人が、マンションマーケットに入社した理由

平成7年生まれ、今年25歳の楠木 拓馬(くすき たくま)と申します。2019年9月より購入エージェントとして入社をいたしました。マンションマーケットでは最年少ですが、誰よりも熱い気持ちで仕事に取り組んでいる自信があります!

本日は、私がどうしてマンションマーケットに入社することになったのか、マンションマーケットでどうなっていきたいかを簡単ではありますが、この場を借りてお話をさせていただければと思いますので、少しの間お付き合いください。

 

世界一を目指して

0歳から約20年間、「世界一」だけを目指して水泳一筋の人生を送ってきました。当初は親の勧めでスイミングスクールへ通っていたのですが、2004年のアテネ五輪で2冠を獲得した北島康介さんをテレビで観て、本気でオリンピックを目指すようになりました。そんな北島さんには、小学5年生時の全国大会でメダルをかけていただいたことをきっかけに、本気でこの人に勝ちたいという強い思いが生まれたのを今も鮮明に覚えています。

中学卒業後は全寮制の高校に入学し、軍隊のような生活を送っていました。1日のスケジュールは全て決まっており、自由な時間は一切なく、入って一週間で顧問の先生に辞めたいと相談しに行ったほど辛かったのを覚えています。これが人生で初めての挫折です。

当時は水泳どころではなく、「どうすれば殴られないか」を日々考えて生活をしていたため、常に生きることに精一杯となっていました。しかし、入学して2カ月後の県大会で大幅な自己新記録で優勝をしたことで、ここに入学したのは間違いではないと確信しました。この日を機に心を入れ替え、水泳のことだけでなく、誰よりも朝早く起きて掃除をし、誰よりもトレーニングをして、誰よりもご飯を食べるなど、全てのことで「世界一」の努力しようと心掛けました。入学当初はどうしようもない子どもでしたが、寮長を任せていただけるまでに成長し、水泳の結果でも、高校最後のジュニアオリンピックで優勝を果たしました。この3年間は、どこの高校生よりも自分に鞭を打ち、誰よりも努力をしてきた自信があります。

大学でも水泳を続け、単身修行でアメリカにも行きました。人生の大半を水泳に費やし、朝から晩まで常に「世界一」になることばかり考えていました。結果的にオリンピックは断念する形となってしまいましたが、今の自分を形成したのは間違いなく「水泳」です。

 

夢の国の住人

実は、私には「ディズニーが大好き」という別の顔もあります。今でも毎週パークへ行っており、実際にキャストとして働いていた時期もあります。ショーやパーク内の雰囲気も大好きですが、何よりもキャスト全員がゲストのことを最優先に考え、ホスピタリティと誇りを持って接客をしている姿が大好きです。キャスト全員が「ゲストにハピネスを届ける」ことを常に意識をしているこの組織は、「究極の接客業」だと感じます。
もし、ディズニーが好きな方がいらっしゃいましたら、是非そのお話もしましょう!

 

マンションマーケットとの出会い

新卒で大手不動産仲介会社に入社をしましたが、当時の私は「将来自分がどのようになりたいのか、その為に今何をしなければいけないのか」何も考えていませんでした。しかし、祖父や父が自営業をやっていることから、漠然と起業をしたいという想いがあり、心のどこかでこのままではいけないと焦りや不安を感じていました。そこで転職をしようと考えた時、たまたまエージェントの方にマンションマーケットを紹介され、ベンチャー企業には多少の抵抗を感じながら面接へ行きましたが、代表に会って考え方が180度変わりました。

面接当日、「よろしくお願いしまーす!」と元気よく入ってきたのは、色黒を際立たせるような白いTシャツ・膝上丈のパンツ・ビーチサンダルという、「さっきまで海にいたのですか?」と聞きたくなるような服装でした。「自分には合っていないかもしれない…」とその瞬間は感じましたが、面接を通じて代表の話を聞いていると、誰よりも強い意志と熱い想いをひしひしと感じました。特に「本気で不動産業界を変えたい」という代表の言葉にとても惹かれ、この人についていきたい、この人のもとでこの会社を大きくしたいと思い、入社を決めました。水泳を辞めてから一度も感じたことのなかったあの時の情熱が、再び戻ってきたのです。

 

実際に入社してみて

大手不動産仲介会社にいた頃には考えもしなかったことですが、

  • どうすればチームの数字が上がるか
  • どうすれば会社が成長するか
  • どうすれば業界を変えられるか

を常に考えることで、急激に成長ができているなと感じています。今となっては、何も考えていなかった当時の自分が怖いです…。

その次に、反響数の多さに大変驚きました。大手不動産仲介会社にいたときの約10倍以上です。入ってまだ5カ月ほどですが、様々な経験をさせてもらっていることに本当に感謝しています。

 

そんな私はこんな人と働きたい

  • 1番になりたい
  • 大きなチャレンジをしたい

この2つに当てはまる人は、是非一度、代表の話を聞きに来てください。

冒頭でもお伝えしましたが、私は誰よりも熱い想いで取り組んでおり、本気でこの業界を変えたいと考えています。マンションマーケットはまだまだ駆け出しの会社ですので、私たちが立ち止まれば、同時に会社も止まってしまいます。常に挑戦をしていくこの環境で、私たちと一緒に業界を変えていきましょう!

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

「キレイゴト言ったってどうせ…」と斜に構えていた私が、マンションマーケットに入社した理由

【2020年3月号】月刊マンションマーケット/オフィスを紹介しちゃいます

関連記事

  1. 「キレイゴト言ったってどうせ…」と斜に構えていた私が、マンションマーケットに入社…

    2020.03.06
  2. 10代から不動産業界で働いてきた私が、マンションマーケットに入社した理由

    2017.04.24
  3. 不動産業界から抜けようと思っていた私が、マンションマーケットに入社した理由

    2017.07.03
  4. 不動産業界への恩返しの場にマンションマーケットを選んだ理由

    2015.04.10
  5. 初めての応募では見送られたが、諦めずに再応募した私がマンションマーケットに入社し…

    2018.11.01
  6. 安定した大手で働いていた私が、マンションマーケットに入社した理由

    2018.01.29
PAGE TOP