Loading

BLOG

初めての応募では見送られたが、諦めずに再応募した私がマンションマーケットに入社した理由

初めまして。10月より入社いたしました大道と申します。売却チームと購入チームのエージェントをサポートする「コーディネーター」という職種にて、この度採用していただきました。私がマンションマートに入社するまでの経緯をお話しさせて頂ければと思います。

 

真面目で物静か、でも行動力はあるタイプでした

物凄い田舎で育ちました!というわけではないのですが、小さい頃から犬やインコ、魚、カタツムリ、モルモットなど常に生き物がたくさんいる家庭で育ったので、動物が大好きです。出身は千葉県で、現在は一人暮らしをしていて、ハムスターを飼っています。

小学生では、学級委員長で真面目なタイプでした。本が好きで、よく近くの図書館や学校の図書室に行ってたくさん本を読んでいました。そのおかげで、想像力(妄想力?)が育まれたと思います。習い事は、水泳とそろばんをしていました。そろばんは初段まで取得し、小さいころの夢はそろばんの先生になることでした。

中学生の頃は家庭科同好会で、お菓子や洋服を作ったり、手芸をしたりしていました。高校生になり、運動が苦手だった私は、エアロビクス部に入りました。ゆるーく楽しくできるエアロビクスは、ちょっとまったりしている私には、ぴったりでした。(この時の経験から、今は、趣味でホットヨガをやってます)

 

ボランティア活動に力を入れた大学時代

大学生になってからは、飲食店でバイトをしながら、ボランティア活動に力を入れてました。何か人の役に立ちたいと思い、始めたのがきっかけです。小学校で担任の先生のお手伝いをしたり、来日して日本語が不自由な子供達に、日本語を教えるサポートをしたりするボランティアです。中でも、一番印象的だったのは、カンボジアでのボランティアです。

実は、カンボジアでは、暑いという理由で、体育の授業がありません。そのため、カンボジアの子供は運動会を知りません。びっくりですよね。私自身、運動は苦手ではありますが、エアロビクスを通じて、体を動かす大切さや楽しさを知っているので、それを教えられたらいいなと思い、参加しました。運動会を開催すると、子供たちは本当に楽しそうで、私も胸がいっぱいになり、とても良い経験になったと思います。

 

マンションマーケットに入社するまで

2年程前に遡ります。当時の私は、新築マンションのモデルルームで受付として働いておりました。たまたま選んだ職業でしたが、そのお仕事が不動産業界の出発点となりました。お家の購入を考え、ワクワクされているお客様に対し、ご案内やお茶出しをしていたのですが、そういったお客様に対し、その物件の購入に至るまでの説明を行う営業の人たちが、非常に頼もしくかっこよく見えました。「私もお客様から信頼され、喜んでいただけるような、やりがいのある仕事がしたい!」と思い、転職活動を始めました。ところが不動産業界といっても幅広く、多くの会社が存在する中、業界未経験の私を採用していただけるところはなかなかありませんでした。

その中でもマンションマーケットは他の不動産会社にはないサービスや、サイトからも伝わる明るくスマートな雰囲気、そして、銀座という立地に(立地は大事です!笑)大変惹かれて、エージェントとして応募しました。・・・が、実は、私は一度マンションマーケットの採用に落ちているんです。即戦力を求めているベンチャー企業であるマンションマーケットでは、やはり他社様と同じくご縁がありませんでした。

そこで私は考えを改めました。経験がないのであれば、経験を積んでまた挑戦しようと思い、まずは管理メインの会社で事務職として働き始めました。働きながら宅建の資格を取得し、様々なご縁で賃貸仲介の営業職となりました。憧れの営業職はお客様と直接関わることができ、ダイレクトにご感想をいただける、非常にやりがいのある仕事でした。数字を追うという責任感もありましたが、心身ともに大きく成長できたかと思います。ただ、あまりの忙しさに時間があっという間に過ぎ、女性として、このままこの職場で働き続けるのか悩むことも増えました。

そこで当初の目標であった、売買取引に関わるという、さらなるステップアップに向けて、スキルを磨きたいと考え、マンションマーケットを思い出し、再度応募しました。なぜ、そこまでマンションマーケットにこだわったかというと…言ってしまえば「直感」です。もともと、思い立ったら即行動タイプの私ですが、不動産会社の中でも唯一光るものがマンションマーケットにはありました。代表の吉田さんをはじめ、面接時には他のエージェントの方たちともお会いさせていただきお話をさせていただいたのですが、その時のキラキラしたメンバーの印象は今でも忘れません。きっと、自分の思いを体現してる人は、こうも素敵なんでしょうね。

 

入社してみて

そんな経緯で入社したのですが、当時想像しておりました以上に、マンションマーケットは素晴らしい職場です。入社初日から、皆様温かく受け入れてくださり、安心して溶け込むことができました。個性豊かなエージェントさんと共に過ごす日々は、刺激的で、笑いが絶えません。ご縁があってこの会社で働けたことに、とても感謝しています。

 

そんな私はこんな人と働きたい

最後になりましたが、私もこれまでのコーディネーターという枠にとらわれず、エージェントの方たちの補佐として最大限のパフォーマンスが行えるよう、自ら動き、学ぶことをやめずに、日々精進していきたいと考えております。

マンションマーケットでは様々なバックグラウンドを持ったメンバーが、それぞれの経験を生かし、共有し合いながら働いています。スキルアップができる環境で、真面目に愚直に面白く仕事に取り組める人とぜひ一緒に新しい時代作りへチャレンジしたいと思っています。

転職は人生の大きな転機です。何かに挑戦したい人、自分自身を試したい人はぜひ一度代表吉田の話を聞きに来てみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「住宅新報」に掲載されました

「週刊ダイヤモンド」にマンションマーケットのデータを提供しました

関連記事

  1. 仙台で無敵?営業マンだった私がマンションマーケットに入社した理由

    2016.06.12
  2. 大手リクルートSUUMOの営業マンだった私が、マンションマーケットに入社した理由…

    2016.06.06
  3. 不動産業界から抜けようと思っていた私が、マンションマーケットに入社した理由

    2017.07.03
  4. バスガイドだった私が、最後の転職の場にマンションマーケットを選んだ理由

    2017.08.24
  5. 安定した大手で働いていた私が、マンションマーケットに入社した理由

    2018.01.29
  6. 不動産一筋で生きてきた私が、マンションマーケットに入社した理由

    2018.12.03
PAGE TOP